公開日:|最終更新日時:

アスベストの基礎知識

アスベストとは、別名「石綿」とも呼ばれている天然の繊維状けい酸塩鉱物です。かつてビルなどの断熱材として用いられていましたが、細かい繊維を吸入することで発生する健康被害が問題となり、昭和50年に原則使用禁止となりました。

現在では使用を禁止されているものの、古い建物の中にはまだアスベストが使用されているものも残っています。そのため、建物を改修・解体した際にアスベストが飛散する危険性があるのです。ここでは、アスベストに関する知識をまとめています。

アスベストによる健康被害

アスベストによる健康被害の代表的なものは、アスベスト肺(石綿肺)、肺がん、悪性中皮腫の3つです。
アスベスト肺(石綿肺)は、アスベストを大量に含んだホコリを吸い込むことで発症する病気です。アスベスト肺の罹患者の多くが、かつて長期間に渡り建築作業中に大量のアスベストを吸い込んできた作業員とされています。

肺がんは、アスベストを吸い始めてからおよそ15~40年後に発症する肺の悪性腫瘍です。アスベストが原因で発生する肺がんは、アスベスト肺や胸膜肥厚斑の疑いもあります。

胸膜や腹膜に発症する悪性腫瘍の悪性中皮腫も、アスベストによる健康被害のひとつです。アスベストの吸引後、潜伏期間は約20~50年後とされています。

アスベストに関する法令

アスベストに関する法令は多岐にわたります。その中でも代表的なものが、大気汚染防止法、廃棄物の処理及び清掃に関する法律や建築基準法です。
「大気汚染防止法」では、特定の建築材料が含まれている建物の解体や改修作業を行う際に、石綿飛散防止対策が義務付けられています。

「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」では、吹付けアスベストの除去工事の際に発生する、アスベスト廃棄物の処理についての規約が定められています。アスベストによる健康被害の防止のため、各種条件を設けて建築物に対するアスベストの使用を規制する「建築基準法」も覚えておきたい法令のひとつです。

アスベスト調査に必要な資格

アスベスト調査には、特に資格は必要ありません。しかし、厚生労働省は石綿作業主任者、アスベスト診断士などの資格取得者を「アスベストに関し広い知見を有する者」とし、有資格者による作業を推奨しています。

石綿作業主任者は、労働安全衛生法の定める国家資格のひとつで、石綿による身体的な被害防止の指揮・監督を実施。一方アスベスト診断士は、一般社団法人JATI協会が定める資格で、アスベストの含まれている箇所やアスベストの処理について判断します。ここでは、アスベスト調査を行うにあたり、取得していると有益な資格をご紹介します。

アスベスト調査の流れとは

アスベスト調査は、書面調査からスタートします。そこから現地での目視調査を行い、アスベストが使用されていると判断します。目視のみでの判断ができなかった場合は、試料を採取し分析を行い、アスベストの使用有無を調査。アスベストを吸わないよう、防じん服やマスクといった保護具を着用して採取を行います。ここでは、アスベスト調査の流れをご説明いたします。

アスベストのレベル

アスベストには大きく分けて1~3までのレベルがあります。レベル1は石綿含有吹き付け材で、発じん性が著しく高いとされています。レベル2はアスベストを含有する保温材、耐火被覆材及び断熱材で、レベル3はスレートやタイルなどのアスベスト含有建材です。ここではアスベストのレベルに関する特徴を詳しくご紹介します。

アスベスト被害の歴史

アスベストは耐熱性や防音性などに優れていたため、多くの建築物にアスベスト含有建材が使用されていました。しかし、アスベストによる健康被害が多数発生したため問題視されるようになり、2012年にはアスベストの使用(分析用の試料は除く)が全面廃止となっています。

こちらでより詳しく、アスベスト被害の流れを解説しています。

愛知県対応のおすすめ
アスベスト調査業者3選
太平産業 東海技術センター コスモ環境衛生
コンサルタント
価格※1 2.2万円※2 2.8万円※3 3万円程度※4
結果
速報時間
最短2日※2 - -
一貫対応
(調査/除去/解体)
○ - -
問合せ


※選定基準...愛知県内対応で「建築物石綿含有建材調査者」が在籍・「JIS A 1481」に対応・「石綿分析に係るクロスチェック事業」のAランク認定取得者が在籍している会社の中から、電話調査およびWEBサイトから料金が取得できた3社をピックアップ。(2020年10月27日時点の調査)
※1 1検体あたりの単価
※2 参照元サイト名:太平産業公式HP
参照元URL:https://asbestos-nagoya.com/fee
※3 2020年10月26日時点の電話取材より
※4 2020年10月13日時点の電話取材より