公開日: |最終更新日時:

アスベストとロックウールの違い

アスベストは、過去に断熱材として使われていた素材です。現在は、ロックウールが断熱材として使われています。1970年代に、アスベストによる健康被害が大きな問題として取り上げられた後、その代替品として、広く使われるようになったのがロックウールなのです。

アスベストとロックウールは、見た目が似ているので混同されやすのですが、健康被害などにおいて大きな違いがあります。

ここでは、アスベストとロックウールの違いについて詳しく解説します。

ロックウールの特徴

ロックウールとは、玄武岩や高炉スラグ、石灰などを原料とする人造の鉱物繊維のこと。1970年代に、アスベストによる健康被害が問題になった後、アスベストに代わって、建物の断熱材や吸音材として使われるようになりました。木造住宅における、壁や天井の「充填断熱工法」に用いられることが多いです。

ロックウールの断熱材としての特徴は、耐火性に優れていることです。不燃材として火に強く、燃えにくさや火災時の延焼防止効果が期待できます。

デメリットは、繊維質なので水蒸気に弱いことです。結露した場合、断熱性や吸音性に影響が出る場合もあります。

また、ロックウールは日本語で「岩綿」に訳されるため、アスベスト(石綿)を連想してしまいますが、ロックウールとアスベストは性質が全く異なる素材です。

大きな違いとして、アスベストは健康被害が懸念されていますが、ロックウールにはありません。

ロックウールの健康影響

アスベストは健康影響を及ぼすとして、現在は使用禁止となっていますが、ロックウールの健康への影響はどうなのでしょうか。

ロックウールの発がん性

アスベストは、肺がんを発症する可能性がありますが、ロックウールは国際がん研究機関(IARC)から、グループ3「ヒトに対する発がん性が分類できない」に該当すると言われています。

グループ3は、お茶やコーヒーと同じ分類なので、人体に悪影響を及ぼす心配は少ないでしょう。

ロックウールが皮膚に触れた場合

ロックウールが空気中を浮遊した場合、皮膚の表面にかゆみや刺激を与えることがあります。一過性の症状ですが、皮膚が弱い方はロックウールとの接触を避けた方がいいかもしれません。

ロックウールを飲み込んだ場合

ロックウールを万一飲み込んでしまっても、繊維径がアスベストに比べて太く、体外に排出されるので可能性が高いので、問題はないでしょう。しかし、食べ物ではないので、口に入れないようにしましょう。

アスベストとロックウールの見分け方

アスベストとロックウールの見分け方のポイントは、以下の3つです。

  • 触って見分ける方法
  • 顕微鏡で見分ける方法
  • 酢酸を使って見分ける方法

それぞれの見分け方について詳しく見ていきましょう。

触って見分ける方法

アスベストとロックウールは、触った時の指触に大きな違いがあります。

アスベストは形が維持されるのに対し、ロックウールは粉々に砕け散ります。

顕微鏡で見分ける方法

アスベストとロックウールは、顕微鏡で見ると違いがよくわかります。

アスベストの繊維が細いのに対し、ロックウールは繊維の直径が太いです。

酢酸を使って見分ける方法

アスベストとロックウールは、酢酸を使っても区別できます。

アスベストが酢酸に溶けないのに対し、ロックウールは酢酸に溶けます。

愛知県対応のおすすめ
アスベスト調査業者3選
太平産業 東海技術センター コスモ環境衛生
コンサルタント
価格※1 27,500円※2 公式サイトに記載なし 公式サイトに記載なし
結果
速報時間
最短3日※2 - -
一貫対応
(調査/除去/解体)
○ - -
問合せ


※選定基準...愛知県内対応で「建築物石綿含有建材調査者」が在籍・「JIS A 1481」に対応・「石綿分析に係るクロスチェック事業」のAランク認定取得者が在籍している会社3社をピックアップ。(2022年8月24日時点の調査)
※1 定性分析1検体あたりの単価
※2 参照元サイト名:太平産業公式HP
参照元URL:https://asbestos-nagoya.com/fee